多重債務者や主婦でも融資可能

他社からの借入件数が4件以上ある多重債務者は大手中小消費者金融ではキャッシング不能です。

 

消費者にとって一番借りやすい金融会社は審査基準が甘く即日融資が可能なキャッシングローンでしょう。

 

借入審査は通常、消費者の収入や借入状況によって変わってきます。無職や失業者の方はどんなに審査が甘かろうと融資をし
てくれる金融機関はありません。

 

借入件数が7件以上もある多重債務者についても、厳しいでしょう。闇金融の類でしたら融資の可能性はありますが、ヤミ金融
は所詮違法業者なので危険が伴います。法定金利も守られていなく高い金利を支払わねばなりません。

 

借入で失敗しないためにも消費者金融一覧から人気の高いローンを選んで下さい。

 

お薦め金融はコチラから
消費者金融一覧表

信用情報センターについて

消費者金融や信販会社が出資している信用情報センターのブラックリストに登録されてしまうと、どの金融会社からも借りることは出来ません。100%審査で落とされてしまいます。

 

ブラックリストは通常、自己破産や個人再生をした人や過去に遅延行為を繰り返した人などが登録されます。

 

一旦ブラック登録されてしまうと、7年間は抹消されませんので、その間はお金を借りることは諦めなくてはなりません。

 

但し、どうしてもお金が必要という方は、家財道具を質屋にでも持って行って現金化するか、それとも最後の手段として貸金業登録をしていないヤミ金融をあたってみるしかないでしょう。

 

ヤミ金融は前述したように、高金利なので借金が雪だるま式に増えることを覚悟しなければなりません。支払いが遅れると大変厳しい取り立てに遭いますので、闇金融の類には手を出さないようにしましょう。

 

0

お金を借りるという意味

 

生活する上で、無借金で暮らすことに越したことはないでしょう。借入件数が3件以上の人から見れば羨ましいかもしれません。

 

しかし、経済の観点からみれば無借金はそれほどメリットのあることではなく、融資を受けないビジネスなど有り得ない話です。

 

にもかかわらず、一般社会では借金は危険な事といったイメージが深く浸透しています。住宅ローンや自動車ローンも借金は借金です。

0

消費者金融のキャッシングと何ら変わりはないのです。生活がそれで回っていれば問題
ないし、それで個人の消費が増えるのであれば、国内経済に強く寄与していると考えて
よいでしょう。

 

したがって、サラリーマン金融でお金を借りる行為はそれほど恥ずかしい行為ではありません。

 

融資を受けて生活が拡大することでお金が市場に流れ、それが新たに消費を生み、結果として景気が刺激されます。

 

最新の金融情報

東京、大阪、札幌、名古屋、博多、全国即日融資可能

来店不要

システム金融や紹介屋といった闇金融を徹底排除!借入件数が5件以上でも審査に通るローン会社を一覧表示でランキングしています。

 

審査に通らなければ時間の無駄

金融会社から融資を受けるには必ず審査を通過しなければなりません。審査で落とされてしまえば、一円も借りることは出来
ませんし申込書を提出したり店舗に出向いたりした時間がすべて無駄になってしまいます。

 

したがって、借り入れ審査に絶対落ちないことが重要です。

 

審査に通るか否かを事前に調査しておくとよいでしょう。自分の現在の状況(収入、借り入れ状況)を把握していれば、どの
ランクの消費者金融で借りれるか、ほぼ分かります。目安は借り入れ件数3件です。

0

それ以下ですと、大手銀行系のキャッシング会社の審査に通るでしょう。逆にそれ以上の借金
がある場合は大手では無理なので、中小以下のサラ金会社になります。

 

中小消費者金融でも、大手に近いような審査基準の会社であったり、逆に借り入れ件数が7件でも審査に通るような金融業者があります。

 

そういった違いは、クチコミ情報を見て判断しましょう。多重債務で審査に不安がある方は、
審査基準の甘い中小ローン会社を選択すべきです。

 

こういった審査が甘い金融業者は、法定金利で決められた上限一杯の金利になりますが、一昔前に比べれば安いものです。
最大で18.0%です。

支払いで困らないためには

借り入れ件数が4件以上もの多重債務になれば、毎月の支払いだけでも大変な労力になります。WEBや銀行のatmなどで支払いが完了すればいいのですが、中小以下の金融業者の支払いは殆どが銀行振り込みか、直接店舗窓口へ持っていかねばなりません。

 

然し、毎月確実に返済しないことには、催促の電話がかかってきたり、挙句には自宅や勤務先へ取り立てにやってきたりします。

 

勤務先などへ取り立て屋に来られたら大変なことになりますので、極力支払いの遅延だけは回避したいものです。

 

毎月の支払いに困らないためには、毎月の収入から先に支払い分を差し引いておくことが重要です。残りは生活費になります
が、それでも無駄な支出は避け、一円でも多く元金の支払いに充当すべきです。

 

利息のみ支払っていても元金は一向に減りませんし、いつまで経っても借金が減りません。

 

そういった顧客(利息のみ支払う客)こそ金融会社にとっては優良な顧客ということになりますが、金融業者のカモにされていて
はたまりません。

 

一日でも早く借金を完済して元の生活に戻る努力をすべきです。


絶対審査に通るためには

Q.絶対審査に通るためには、どういった消費者金融を選べばよいのですか?

A.借り入れ状況にもよりますが、極力審査の甘い消費者金融を選べば間違いないはずです。

消費者金融&キャッシングローンの人気ランキング表

人気ランキング
1位  プロミス
2位  モビット
3位  楽天スーパーローン
4位  フクホー
5位  ユーファイナンス
6位  キャレント・スーパーローン
7位  中央リテール
8位  キャッシングエニー
9位  レディース・フタバ
10位  セントラルキャッシング

総量規制の影響

ご存じのように、2012年に施行された総量規制の影響で上限金利が往来の29.2%から一気に18.0%まで引き下げられました。しかもグレーゾーン金利として払わされていた金利まで、過払い金請求として認められたのです。

 

消費者金融業界が丸儲けしていたことも事実ですが、今回は100%消費者の意向に沿った施策といえるでしょう。

 

以前のサラ金業界は、昭和58年に施行された貸金業規制法で上限金利は40.0%と規制され、違反者には貸金業の資格停止、過剰融資の禁止、貸付金の上限金利、取り立て行為の規制、広告の規制などが盛り込まれました。

 

違反した業者には、営業の停止処分、登録抹消などの罰則が科せられました。その後、平成12年の出資法改正により、上限金利は40.0%から29.2%にまで引き下げられたのです。

 

この時、消費者への影響として、審査が厳しくなって優良顧客を選択するような動きが出てきたのです。いわゆる貸し渋りです。

 


最終更新日 2017/3/20